碓氷鉄道遺構と足尾銅山(2日目)

 

※この記事は画像フォルダから写真を拾い出して書いた過去記事です。新着RSS公知のためとりあえず2021/04/29付けで上げますが、
数週後を目処に本来の撮影日付である2006/05/06に日付を移動します。

2日目は伊香保から渋川に抜け金精道路から日光を目指しました。
5月というのに標高の高いところには残雪が…。

日光のあとはR122わたらせ街道を経由しての足尾銅山。
今はもう売ってしまいましたが、赤城山南面(その名も名だたる赤城ロマンド(笑))に別荘を持っていたことがありまして、足尾,上神梅,大間々あたりはよく散策してたんですが…相変わらず良い古さを残してますね。

ということで2日かけて碓氷鉄道遺構群と足尾銅山遺構群を巡ってまいりましたが、共に碓氷は信越本線/足尾は足尾鉄道(わたらせ渓谷鉄道)と鉄道と共に歩んだ歴史がありますが、
碓氷の方は少しはましとして足尾の方は銅山観光だけじゃこの先危ないんじゃないかな?遺構…じゃなくてただの廃墟群になってしまいそう。
碓氷の方は軽井沢他周辺の観光地や横川の鉄道文化村に金を落とすことで管理費用を捻出出来ても足尾の方は日光とは少し違うしわたらせ鉄道だけじゃ素通りだし…。
永く残ってもらいたいもんですね。